Rhythm 77.70

2008年11月13日

DJMAX METRO Project 今後の動向+α@お知らせ

【ClazziquaiEdition&BlackSquare】
Ponglow氏のブログ、そしてDJMAX公式にて、BlackSquareのFocusGroupTestが開催される事が発表されています。
FocusGroupTestについて(記事について)は、全てSEBECさんのブログにて詳細が記されておりますので、そちらをどうぞ。

ClazziquaiEditionにあまりにバグが多かったので、ユーザーに実際に触れてもらってバグ軽減に協力、という事なのでしょうか・・・?
既に募集が終了しており、明日にもテストが開催されますので、BSに関する情報も出回るのではないかと思われます。

また、PonGlow氏はCEについて
「CE代案はすぐ発表します。もうちょっと待ってください。」
と言及されています。

不具合の多さに不評だったとはいえ、ユーザーを裏切らない姿勢はとても素晴らしいと思います。
今後もPonGlow氏には頑張って欲しいですね。


【DJMAX Fever】
こちらについては、発売が大分遠ざかる事となったようです・・・。

Title:DJ Max Fever Delayed(IGN)によると、
「近い将来発売される事が期待されたDJMAX Feverであるが、パブリッシャーであるPM StudiosはDJMAX Feverの発売が2009年の第一四半期まで遅れる事を発表した」(かなり要約しました)
とのこと。

「新しいギアやアイテム、隠し要素を追加し、PSP-3000との互換を高め(?)、システムにはBSのものを採用する予定である」
と、当初ユーザーが想定していた「DMP1とDMP2の合併版」という概念を打ち破る事も記事は伝えています。

発売が遅れてしまう事はユーザーにとって残念であるかもしれませんが、当初よりかなり期待できる作品となりそうで個人的にはとても喜んでおります。
こちらの情報にも期待です。


【DJMAX Portable International】
先日、InternationalでFeverGJが追加されるセーブデータを公開しましたが・・・。
その時にニコニコ動画に投稿した動画に、こんなコメントを頂きました。
「じゃあ何でDMP2のリンクディスクにも出てこないんだ」
実はちょっと盲点でした・・・気が付かなかったです(; ´ω`)(←
UMD内にデータが存在するわけですから、InternationalのUMDでFeverGJが遊べても何ら不思議ではありませんよね。
という事は・・・考えられるのは一つ。
DMP2のリンクディスクは、DMP1であるかDMPiであるかを判別しているという事。そして、DMP1とDMPiで別の処理をしているという事。

これに気が付いて、ちょっと弄ってたらやっぱり出来てしまったという。
今回はCWCheatによるメモリの書き換えが必要ですので、純正FWをご使用の方はこの方法を試すことが出来ません。ご了承ください・・・。

また、CWCheatの使用方法につきましては当ブログでは扱いません。導入方法、チートコード使用方法等はご自分でお探しください。かなり容易に見つけることができますので(; ´ω`)

_C0 UMD number swap
_L 0x000CC338 0x00000039
_L 0x000CC344 0x00000030

名前の通り、UMDの名前を交換します。
DMPiをDMPと認識させ、DMPをDMPiと認識させているわけです。

UMD交換の画面になったらチートを実行し、通常通りUMDを交換してください。
リンクが終了したらチートを解除して構いません。

この方法は、DMPiをDMPと認識させますのでRiverFlowは遊べなくなります。
RiverFlowを遊ぶには、一旦DMP2に戻し、チートを実行させないでリンクディスクしてください。って当たり前ですね(; ´ω`)
ちなみに、Dreadnoughtを選択するとフリーズしてしまうのでご注意を。

以上、「CFWを導入したPSPを持っており、「DJMAX Portable」のUMDが無く、「DJMAX Portable International」のUMDは持っており、「DJMAX Portable 2」のLinkDisc要素を何が何でも100%にしたい」という、とても希少な環境をお持ちの方にだけ役に立つ情報でした(←


【Rhythm 77.70】
大切なお知らせがございます。
突然ではありますが、本日を持ちまして、管理人の一身上の都合により「Rhythm 77.70」を休止する事を決定しました。

・・・閉鎖じゃないですよ!休止ですよ!(←

次回の更新は、来年の2月となると思われます。
寂しかったら年末年始に一度戻ってくるかもしれません。そうだとしても笑わないでくださいね・・・(´・ω・`)(←

管理の扱いですが、更新を中断するというだけですので・・・。
余裕があれば確認しますし、必要があればコメント返信もします。
ただ、返信については長らくお待ち頂く可能性が高いです。いつもの事ですが。
更新を楽しみにされている方には大変申し訳ございませんが・・・ご了承願います。

思えば、DJMAX Onlineの終了が発表されてから既に11ヶ月が経過しています。
「DJMAX閉鎖とともにRhythm 77.70を閉鎖するかもしれない」とまで書いていたわけですが・・・。
今年7月の突然の「DJMAX Metro Project」発表からおおよそ3ヶ月、もはやDJMAXは完全に新たな形で復活を遂げましたね。
このブログもTECHNIKA発表からCE発売、Exclusive発売まで更新がかなり活発となりました。
本当にPentavisionは、期待を裏切らないゲームメーカーですね・・・。
・・・今年は遊んではいけない年なので、実は2008年の閉鎖は丁度良かった、なんてことも実は考えていたんですけどね(; ´ω`)(←
今後とも期待するとともに、陰ながら見守らせていただく事にいたします・・・。

さて・・・今年は長い冬となりそうです・・・。
皆さんも風邪など引かぬよう、健康には十分ご注意くださいね。
むしろ余裕のある方ならば、風邪引いてDMPにいそしむのも一興かもしれないですね!嘘ですごめんなさい。ごめんなさい。

それでは・・・来年またお会いしましょう!またね!
( ´ω`)ノシ
posted by RainbowYoshi at 01:13| Comment(9) | TrackBack(0) | DJMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

DJMAX TECHNIKA Exclusive Collection

昨日、ようやく手元に到着しました。

というわけで、内容物のご紹介。

続きを読む
posted by RainbowYoshi at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | DJMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。