Rhythm 77.70

2008年08月12日

DJMAX METRO Project - ArcadeGame「DJMAX TECHNIKA」

Pentavisionの新プロジェクト「DJMAX METRO Project」。
先日、ついにその内容がRuliwebで明らかとなりました。


Title:'DJ MAX: テクニカ',PV 通じて最初公開(Ruliweb)

- DJMAX METRO project ! その一番目作品いよいよ PV 公開!

- 正式名称 “ DJMAX TECHNIKA “ にアーキードプラットホーム

- 015B,皇城嶺,ハミングオバンステレオ,窈窕,シューがドーナツ,訴えに真摯等有名アーティストのオリジナル新曲参加!

- 前作と比べることができない HD ハイクオリティービジュアルとサウンドショック

DJマックスシリーズ最新作がベールを脱いで水面の上で現われた.8月 11日ペンタビゾンは自社の次期作プロモーションビデオ(PV)を公開したし,その間明かされなかった ‘DJマックスメトロプロジェクト’に対する輪郭を現わした.

この日発表した PVでは過去の各タイトルを代表する映像と代表曲がリミックスになった後新しい音楽と映像を紹介しているのに独特の音楽たち科派手な草アニメーション BGが登場している.特に映像中にプール 3D化された映像も登場することを見てはアニメーション側においても大きい変化があることを見当をつけることができる.

音楽と映像がお目見えされた以後には機械のシルエットとともに ‘DJマックステクニカ(DJMAX Technika)’というロゴといっしょに ‘Only for Arcade’という文具を通じてその間盛んな推測を生んだペンタビゾンの次期作はアーキードゲームというのを明らかにしている.

DJマックスメトロプロジェクトの総括プロデューサーである信奉件引っ越しは "去る 10年間リズムアクションゲームの概念を変えることができる新しい方式のリズムアクションゲームをお目見えしたかったし,ただアーキードだから可能な方式だった.新しい概念のDJマックステクニカで国内だけでなく世界市場にリズムアクションゲームの新しい発展を成したい."と伝えた.

また,去るイントロティーザーサイトと係わって “今度公開されたDJマックステクニカはDJマックスメトロプロジェクトの手始めを知らせるタイトルになるでしょう” と伝えた.

ポータブルシリーズを通じて難しいコンソール市場を開拓したペンタビゾンが果たして ‘DJマックステクニカ’を通じてもう一度国内アーキードゲーム熱風を再現するか帰趨が注目される.

また映像内衣ステブロ−ルを通じて追加的に明かされたアーティストは下のようだ

015B : 015Bは “新人類の愛”,“とても古い恋人たち”,“もうこんにちは(さようなら)” など過去から多くのヒット曲を私たちにお目見えしたグループで最近発表した音楽が携帯電話 CF 音楽で使われて大衆にも広く知られるなど相変らず旺盛な活動を見せている.

Humming Urban Stereo : “ハワイオンカップル”という曲と MBCドラマ “コーヒープリンス 1号店”の “コーヒー一杯どう?” などの曲を通じて大衆にも広く知られている.今度作品では窈窕との新曲作業を通じてまた一つの大きいイシューになることで期待される中だ.

GARION : がリオンは韓国の実力派ヒップホップ 1世代グループで韓国的感性を盛ったヒップホップを通じて世界にアッピールする独歩的な存在として評価を受けている.最近には京郷新聞が選定した “大衆アルバム 100台明攀”にランクされたりするなどその実力を大衆にも徐徐に広く認められる中だ.

SUGAR DONUT : ハイブリッドパンクバンドを追い求めるシューがドーナツは 2003年日本富士ロックフェスティバルの韓国代表として参加したりしたし最近にはソテジの ETPフェスティバルに招待にあずかるなど彼らばかりの独特の感性とジャンルを持ったバンドだ.

Hosoe Shinji : ナムコのリッジレーサーシリーズを通じてお目見えした訴えに真摯のユニークな音楽たちは人々にとって彼を “リッジレーサーのお父さん”だと称するのに至った.リッジレーサー以前にもサラマンダ 2 位の多くのゲーム音楽を通じて大衆に彼の存在を各であるさせたし今度 DJMAXシリーズにはどんな彼ばかりの世界を広げるようになるか期待になるところだ.

アーケード用 'DJMAX TECHNIKA ',プロモーション動画 wmv9


プロモーション動画 ミラー一覧
YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=JSedFVtBeLs
ニコニコ動画(Encode by HAGANEさん
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4267028

ソースURLより、何枚かの写真を見ることが出来ます。

さて、いよいよ動き出した「DJMAX METRO Project」ですが、今回はアーケードタイプでの発表となりました。
その方式上、EZ2DJと同様に日本で遊ぶことは難しいと思われます。

しかし、ソースにもある通り「METRO Project」はこの作品のみのためのプロジェクトではありません。
今後どのようにマーケティングを展開していくのか、PSP続編やDS、XBOX360等様々な憶測が飛び交っているコンシューマーゲーム機に向けた新作はどうなるのか、非常に楽しみになってきました。

自分は今後の情報に期待したいと思います。

なお、「DJMAX TECHNIKA」はお値段550万ウォン(約55〜65万円)で販売、予約ですと50万ウォン割引されるそうです。
この機会にぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか( ´ω`)(←
posted by RainbowYoshi at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | DJMAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。